6月14日

Posted by on 6月 14, 2019 in 未分類
No Comments

先週アトリエの3回目の更新を済ませました。

何気なく教室で話すと生徒さんから

「おめでとうございます」とのお言葉を頂いてやはり「おめでたい事」なのだな、と。

それを自分ひとりではなくその場のみなさんと分かち合えた気がして幸せな気持ちになりました。

 

 

昨年はじめた刺繍はひとつめの花を繍い終えて、次は懐紙入れを作ろうと考えています。

図案は日本刺繍のものではなくて起立工商会社というところのものを写しました、明治期に西洋への輸出用として作られた工芸作品の図案です。

一見するとそのまま平面で使えそうだったのですがいざ描こうとするとやはり工芸品の図案なので例えば花瓶なら微妙にその曲線に沿うようになっているのがよくわかります

そんな事にうっとりしながら、中でもあまり違和感のなさそうなものを選びました。

この起立工商会社、設立時は蔵前にあったようなのです。

勝手にご縁を感じながら繍うのが今から楽しみです。